「下流老人」回避の秘訣は意識を持つことのようです

「下流老人」という言葉を初めて目にしました。
「生活保護基準相当で暮らす高齢者や、その恐れがある高齢者」とのことです。
会社員として定年まで働き通した場合、このような心配はいらないものと思っておりました。
しかし、今後は日本の平均だと言われている年収400万円のサラリーマンであっても下流老人になってしまう可能性があるとのことです。
下流老人にならないためには老後の生活をしっかりシミュレーションし、意識をもって生活することが重要なようです。
毎日の生活でいっぱいいっぱいで、先のことなど後回しにしてしまいがちですが、しっかり考えるようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>